バラエティ

坐骨神経痛の治し方は【ロングブレス呼吸法!】効果がすごすぎる!金スマ

2019年12月27日TBS系『金スマ(キンスマ)』で、美木良介さんの最新ロングブレスの特集がありました。

そこで、脳梗塞になり、スムーズに歩けなかった元東京都知事の石原慎太郎さん(87)が、ロングブレスを取り入れたトレーニングをすることで、スムーズに歩けるようになったと、放送され、反響を呼んでいます。

また、坐骨神経痛・糖尿病・脳梗塞などにも、効果があったというロングブレス呼吸法!

今回は、そのロングブレス呼吸法を、金スマで放送された内容をもとに、高齢者の方にもわかりやすく解説します。再び、大ブームとなったロングブレス呼吸法とは?



「ロングブレス呼吸法」の効果は?

ロングブレス伝道師、美木良介金スマより

金スマで放送された内容をもとに、効果をまとめていきたいと思います。



①ロングブレスで高血圧が正常値に!

45歳で高血圧に悩んでいたアナウンサー。

元々、要治療だった血圧169/100mmHgが、2か月間毎日ロングブレスをすることで、122/80mmHgと正常範囲内の血圧に!

金スマより



②ロングブレスで血糖値の低下(糖尿病の改善)

金スマより

空腹時の血糖値が126mg/dL以上あると医療機関への受診が推奨されているが、なんと、420mg/dLもあった金スマディレクター!

2か月間、毎日ロングブレスをすることで、60mg/dLに!!しかも、この間、薬を飲んでいなかったのに糖尿病が改善されたという。

金スマより



③ロングブレスで体重減少(ダイエット効果)

金スマより

3か月間毎日、ロングブレスをすることで、70kgあった体重がなんと58kgに!!

12kgも減量しています!

金スマより

美木良介さんご自身も、2か月で13.5kgの減量をしました。




④ロングブレスで歩けるようになった(脳梗塞:石原慎太郎)

今回の金スマでは、ここからがメインですね。

脳梗塞で、なかなか思うように歩けなくなっていた石原慎太郎さん。



石原慎太郎が脳梗塞を発症するまで

2013年:体調を崩し、1か月入院。

週刊誌などにも、体調を不安視する記事が。

退院後の会見で、軽い脳梗塞であることを説明。

金スマより

脳梗塞とは、脳の血管が細くなり詰まることで、細胞が障害を受ける病。麻痺がおこったり、歩行に大きく障害を受けることがある。

金スマより

政界引退後の2015年6月、講演中に、脳梗塞を起こし、救急搬送された石原慎太郎さん。

半年後、TVに現れた姿は、歩くのも困難になり、左半身が麻痺している様子。

金スマより

そして、2017年のこと。会見が終わり、立ち上がろうとしたところ、ふらつく石原慎太郎さん。さらに、歩く速度もゆっくり

そんな石原慎太郎さんを見て、「自分なら歩けるようにできる」と名乗りを上げたのが、美木良介さん。

7年前は、「ロングブレスダイエット」とダイエット法として世に広めたものの、美木良介さんは、自身の体験から、本当は「ロングブレス健康法」として、伝えたいと語る。



なぜ「ロングブレス呼吸法」で歩けるようになったのか

呼吸と脳の関係にある。

普段、呼吸する時、無意識にする。

長く深く、意識的に呼吸をすると、呼吸1回あたりの取り込む酸素量も増える。→心臓が脈打つ→脳に運ばれる酸素が増えることで、脳細胞が活性化する

歩くためには、脳から「足を動かせ」と指令が出される。

脳梗塞になると、指令を出す所が、破損してしまう。

金スマより

そこで、「ロングブレス呼吸法」、長く深く呼吸することで、破損した周りの脳細胞が活性化し、ダメージを受けた部分の代わりに、指令を出してくれる。

破損した細胞は、元には戻らないが、周りの細胞が活性化によって、助けてくれる

指令を伝達する神経が、脳梗塞によってダメージを受けた場合、ロングブレス呼吸法をすることで、その周りに新しい神経が作られ、道筋を作ってくれる。

全身の細胞に、酸素を送るのは、「呼吸」しかない。脳神経細胞を活性化させるには、呼吸しかない。

週1回、ロングブレス呼吸法を取り入れたレッスンを受けたところ、劇的な変化が!若い人がやってもきついスクワットが楽々できるように!

歩きもスムーズに!

金スマより



⑤坐骨神経痛(美木良介)

美木良介さんが、30歳の頃、芸能界一引き締まった体を作ると意気込み、トレーニングでバーベルを持ち上げようとした時、腰を痛めてしまう。以来、坐骨神経痛を患う。

金スマより

くるぶしから、足の付け根までのしびれが消えたことはなく、役者人生よりも、この先どうやって生きていったらいいんだろうというぐらいまで、酷くなっていった。

  • 腰が痛くて、車に乗ることもできない。
  • 映画館に行っても、10分以上、座っていられない。
  • 歯を磨いていると、首が痛くなって、動かなくなってしまう。
  • 次第に、ひきこもりのような生活に・・・

こんな状況から抜け出したく、病院、整体、カイロプラクティック、気功など、様々な方法を試すも、治るどころか、なんの解決にもならなかった。



美木良介がロングブレス呼吸法を生み出すまで

そんな中、ある病院の先生から「呼吸法を使ったリハビリがありますよ」と言われる。

美木良介さんは、藁にもすがる思いで、「呼吸法」について、調べはじめる。

医療法だけでなく、スポーツや武道にまで、幅を広げて調べてわかったこと、それは、体の芯の中心部分、丹田が重要ということだった。

その後、美木良介さんは、丹田を意識しつつ、自己流で、呼吸法を試し続けた。

「ロングブレス呼吸法」をやり始めて、1か月くらいした時に、左足のしびれがなくなった。

22年間苦しめられた腰痛が、「ロングブレス呼吸法」をすることでなくなり、その後もロングブレスを続けていくと、なんと13,5kgも減量し、筋肉質な身体になった

減量したことで、世にダイエットとして、ロングブレスが広まったが、本当は、ロングブレスは健康法として、世に広めたい。

坐骨神経痛で動けなくなった母に教えなきゃ!
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス
話それちゃうけど、楽天市場やヤフーショッピングでお買い物するなら、ハピタス登録した方がいいよ!貯まったポイントは、ギフト券に替えられるよ

「ロングブレス呼吸法のやり方」が気になる方は、こちら↓座ってできるので、簡単です

【ロングブレス呼吸法】やり方!金スマ最新!座ってする方法を解説!美木良介考案2019年12月27日TBS系『金スマ(キンスマ)』で、美木良介さんの最新ロングブレスの特集がありました。 そこで、脳梗塞になり、...