ニュース

10万円給付は妊娠中の赤ちゃんも対象?子供はもらえる!手続きの仕方は?いつ?

国民一人当たり一律10万円給付を実施すると、安倍総理大臣が、17日(金)18時からの会見で、表明しました。

個人的には、すごく嬉しいのですが、子供を持つ親は、

  • 子供ももらえるの?
  • 赤ちゃんももらえるの?
  • 今、妊娠中でもうすぐ生まれそうだけど、その子(新生児)はもらえる?

と色んな疑問が出てきますよね。

早速、誰が対象者なのか、今回は、子供に焦点を絞って、調査しました。

手続きの仕方や、いつもらえるのかも、気になるので、その辺も併せて、分かりやすく解説します!



10万円給付は妊娠中の赤ちゃんや子供ももらえるの?

結論
  • 0歳の赤ちゃんでも、子供でも、一人につき10万円もらえます!
  • 現在、妊娠中の赤ちゃんについては、4月27日までに生まれ、住民基本台帳に記載されていればもらえます



10万円給付は子供ももらえるの?

10万円給付の手続きの仕方を分かりやすく解説

政府は所得制限を設けず、全国民に一律10万円を給付する調整を始めました。
これに伴い、減収世帯に限った30万円の給付は取り下げます。

引用:サンテレビ

全国民に一律10万円

これに伴い、30万円給付がなくなりました。

30万円給付について、所得制限があったため、

10万円給付となった時に、所得制限があるのか、疑問に思う人が多くいるようですが、

この10万円給付については、

所得制限なし全国民です!

 

そこで、気になるのが、子供ももらえるのか?ということですが、

全国民に一律ということなので、

子供一人当たりにつき、10万円もらえることになります。

18歳でも、10歳でも、5歳でも3歳でも0歳でも、一人につき10万円です!

  • 両親と子供3人の家庭は50万円
  • 両親と子供5人の家庭は70万円
  • 両親と子供8人の家庭は100万円
  • 祖父母と両親と子供1人の家庭は50万円
  • 祖父母とシングルマザーと子供1人の家庭は30万円

何度も言いますが、一世帯当たりの給付額は

人数×10万円ということです。

これは、大家族になると金額が大きくなるので、嬉しい話ですね。

10万円給付は妊娠中の赤ちゃん(新生児)も対象者になる?

10万円は、妊婦ももらえるの?赤ちゃんの分は?5月生まれ

さて、子供ももらえることは、分かりました。

今、妊娠中で、もうすぐ生まれそうな妊婦さんは、

お腹の子(新生児)ももらえるのかな?と気になりますね。

出産後は、何かと必要なものも多く、出費がかさみます。

どうにか、もらえるものならもらいたいですよね。

2009年のリーマンショックの時、実施された定額給付金(12000円)の時は、以下の通りでした。

2008年10月30日に発表され、2009年3月4日より定額給付金は施行されています。 対象者は、2009年2月1日を基準日とし、日本に住所が存在する者・適法に在留する外国人が対象となります。 18歳未満65歳以上には2万円。 それ以外には1万2千円の給付で、2兆円規模の政策となっています。

引用:www2.meijo-u.ac.jp

発表されたのは、2008年10月30日。

そして、2009年2月1日を基準日として、住民基本台帳か外国人登録原票に記録されている人に支給され、同日生まれた新生児やこの日以降に死亡した人も対象になりました。

今回の10万円給付ですが、その基準日は、

2020年4月27日に決定しました!

4月27日時点で住民基本台帳に記載されている全ての人を給付の対象とする。

引用:共同通信(4/20)

住民基本台帳とは、各市区町村において、住民票を世帯ごとに編成して作成されているものです。簡単に言えば、住民票を束ねたもの。

住民票、個人を単位として、住民の氏名、住所等を記録した帳票をいいます。

妊娠中の方は、お腹にいる子供がその基準日までに生まれ、かつ住民基本台帳に登録されていれば、10万円給付してもらえるということになります。

この住民基本台帳に登録される期間については、市町村でばらつきがあるようです。1日遅れただけで、もらえなかったという人も出てくる可能性があります。これはちょっと悔しいですよね。その辺りについて正式に発表される可能性があるので、待ちましょう。

私個人的な話ですが、うちには子供が3人います。

我が家在住の市から、3子誕生で、10万円もらえる多子世帯子育て支援金という制度ができたのですが、その制度が施行されたのが、うちの3子が生まれた年の4月からで、うちの子3月生まれ。(涙)

どれだけ、暴れ叫んでももらえなかったという悲しい経験があります。(暴れ叫んではいませんが、かなり愚痴りましたw)

なので、どうにか、平等にしてほしいですが、これも、きちんと決まったことを全国民が従わないとどうにもならないですからね。

恐らくではありますが、2020年5月以降に生まれた赤ちゃんについては、もらえない可能性が高いと思われます。


どこかで、不平等さが生まれるのは、致し方ないかもしれません。


10万円給付の手続きの仕方は?いつもらえるの?

4月27日生まれの子供はもらえるの?

最後に、この全国民に10万円給付は、いつもらえるの?ということですが、4月17日のバイキングでは、5月下旬から6月初旬に届くようにということを言われていました。

《追記》4月20日基準日が決まり、支給方法も決まりました!

Q 給付対象と時期は

A 4月27日時点で住民基本台帳に記載がある人が対象となる。給付申請の受け付け開始は市区町村によって異なり、早ければ5月中にも始まる見通し。申請期限は受け付け開始から3カ月以内となる。

Q どうすればもらえるのか

A 住民基本台帳を基に、市区町村が、世帯全員の氏名が記載された申請書を郵送するので、世帯主かその代理人が銀行の口座番号などを記載して返送すれば、世帯分の給付金が口座に振り込まれる。マイナンバーカードがあればオンライン申請も可能だ。

引用:産経新聞

10万円給付の申請書画像。申請の仕方

どうやら、上記の申請書が、世帯主に送られてくるので、必要事項を記入し、返送すれば10万円給付を受けられるようですね!

マイナンバーカードがある人は、オンライン申請が可能ということです!

以上

 

さいごに、ウイルスから赤ちゃん、子供を守る方法があります!家庭内感染を防ぐならこれがベスト!

外出自粛中、家の中を空間除菌して、自分や家族(赤ちゃん、子供)を守れること知ってますか?

今なら超音波加湿器無料でもらえます。(なくなり次第終了)

家庭内感染を防げるので、すごく売れています!花粉症にも効果あり!

除菌水ジーアの最安値はこちら

除菌スプレー買おうと思ったら1リットルで4千円以上したけど、除菌水ジーアは、1リットル当たり500円もしない安さ