ニュース

【杏と中田英寿】性交渉を母親由美子が暴露!?骨肉裁判で可哀そうすぎるの声

東出昌大の不倫問題で、家庭崩壊の危機を迎えている女優の杏さんが、自分の実の母親(由美子さん)と、裁判沙汰になっていることが、週刊新潮の記事で分かりました。

その週刊新潮のつり革広告を見た方は、「杏と中田英寿が不倫??!」となりますよね。

気になったので、調べてみます。

しかし、実の母親とは思えないような内容(金銭問題)で、我が子と裁判をする母親由美子の神経、どうにかしてますよね。

家族に恵まれない杏に可愛そうの声がたくさん上がっていますよ。

早速行ってみましょう。



【杏と中田英寿】性交渉を母親由美子が暴露!?

週刊新潮より

気になるのは、「中田英寿との夜」ですよね。

骨肉裁判で由美子さんは、娘、杏さんの男女交際についての

真偽不確かな暴露を次々と行っているということです。

そんなこと、暴露する必要があるのか、しかも、実の母親が、娘で女優の男女交際を暴露です。意味が分からないですよね。

そして、「中田英寿」と個人名が出てきたので、すごく気になります。




週刊新潮の記事によると、

杏が最初に所属した事務所のマネージャーが、杏にセクハラ、パワハラをし、元サッカー選手の中田英寿さんと性交渉の相手をさせようとしたと書かれています。

ですが、中田英寿さんの紳士的な対応おかげで未遂に終わったようです。

この件で一番の被害者は元サッカー選手の中田英寿さんなわけですが、そんなことをするマネージャー、ちょっと信じられないですよね。

こんなひどいことをするマネージャーを調べてみたのですが、情報がありませんでした。



杏と母親由美子の裁判内容

  • 杏と杏の実母の由美子の裁判は、2017年のクリスマスにはじまる
  • 杏を訴えたのは、実母の由美子と、由美子が社長を務める(杏の)個人事務所
  • 訴訟は、由美子が代表取締役に就いていた杏の個人事務所「T社」への所属をめぐるトラブル
  • 杏は2008年、当時所属していたモデル事務所から、由美子さんのツテで現在の所属事務所「トップコート」に移籍。
  • 翌年に節税目的でT社を設立。
  • 以降、トップコートからT社にギャラが入り、そこから杏に給与が支払われる仕組みになった
  • 杏は14年夏、突如弁護士を立て、「退職し、トップコートと直に契約する」と母に通告。
  • 慌てた由美子さんは15年に東京簡裁に調停を申請したが不調に終わり、2017年、訴訟に発展
  • 訴訟で由美子さんは、杏がT社の従業員であることの確認など求めている

杏がT社に所属し続けていた場合に得ていたはずの利益を“20年間で約12億円”と計算。本来はそれを求めたいが、まずは3000万円を補填せよ、とも請求している。





要するに、杏の実母は、トップコートから、杏のギャラを(節税目的で)、T社(母親が代表)を通して受け取り、その中から、杏に給料を払い、自分(母親)も報酬をもらっていたんですよね。

ですが2014年、杏が、T社を通さず、直接トップコートと契約すると言い出したわけです。そうなると今まで、楽にお金を受け取っていた母親は、収入がなくなり困りますよね。

なので、裁判をして、あの手この手(暴露などをし)わーわー言っているわけです。

中田英寿さんのこと以外にも、杏が東出昌大と結婚する前に、(杏が)既婚者と不倫していたことも、母親は暴露しています。

とにかく、お金がほしいんです。母親は。

まずは3000万円を補填せよ」と請求していることからも分かりますよね。

お金で、親子の関係が壊れるって、悲しい現実ですよね。



杏と母親由美子の骨肉裁判で杏可哀そうすぎるの声