芸能人

【家系図】市川猿之助と香川照之の関係は親戚(いとこ)!大学(学歴)がすごい!

話題のドラマ「半沢直樹」に出演中の市川猿之助さんと香川照之さん

二人とも歌舞伎役者で俳優ですが、実は親戚(従兄同士)なんです。

ですが、そこには、複雑な家庭の事情がありました。

そして、ご存知の方も多いかもしれませんが、二人とも、学歴がすごいんです!

今回は、市川猿之助さんと香川照之さんの関係や二人の学歴についてまとめました!

【家系図】市川猿之助と香川照之の関係は親戚(いとこ)

市川猿之助と香川照之 関係 家系図

この図の通り、市川猿之助さんと香川照之さんは、

祖父、三代目市川段四郎さんと祖母、高杉早苗さん(元女優)

孫に当たるいとこ同士の関係です。

市川猿之助と香川照之関係画像引用元:Twitter(三代目市川段四郎・高杉早苗夫妻)
香川照之、市川猿之助 関係画像引用元:Twitter(高杉早苗)

市川猿之助さんは1975年11月26日生まれの44歳、

香川照之さんは、1965年12月7日生まれの54歳なので、

香川照之さんが10歳年上になります。

双方のプロフィールによると、

二人とも、身長は171cmだそうです。

市川猿之助と香川照之の関係は親戚(いとこ)だけど複雑

市川猿之助、香川照之 親戚画像引用元:Twitter

いとこ同士の市川猿之助さんと香川照之さん!

本来なら、歌舞伎は、長男である二代目猿扇さんの息子、香川照之さんが

受け継いでいくはずですが、そうではありません。

なぜなのか?

そこには、複雑な理由がありました。

香川照之さんが生まれてまもなくして、

香川照之さんの両親、二代目猿扇と浜木綿子さん(元宝塚歌劇団雪組のトップ娘役で女優)が離婚

離婚理由は不倫

市川猿之助と香川照之関係画像引用元:Twitter(藤間紫)
  • 不倫相手は、藤間紫さん(日本舞踊藤間流紫派家元で女優)
  • 藤間紫さんは猿扇(香川照之父)が12歳の時の初恋相手
  • 当時、藤間紫さんは、猿扇(香川照之父)の16歳年上で既婚者、子持ち
  • 藤間紫さんは、猿扇(香川照之父)の踊りの師匠、六世藤間勘十郎の妻
  • そのため、なんとか諦めをつけ結婚したのが浜木綿子(香川照之母)だった
  • しかし、双方とも思いを絶つ事が出来ず、香川照之が1歳を迎えた頃、家庭を捨て、駆け落ち同然の暮らしを始める
  • 1968年、香川照之さんの両親、猿扇と綿木綿子離婚(香川照之3歳の時)
  • 不倫同棲生活は35年にも及ぶ
  • 1985年に藤間紫さんの離婚が成立
  • 2000年、二人は正式に結婚

香川照之さんは、母の浜木綿子さんに引き取られ、女で一つで育てられます。

香川照之さんは、幼い頃から母の浜木綿子さんに

「あの二人以上の大物になって見返してやりなさい」

と言われて育ったそう。

母の浜木綿子さんの立場からすると、子供が生まれたばかりなのに、不倫され捨てられて、相当辛く、悔しい思いをしたと思います。

しっかりと母の思いを胸に、香川照之さんは、努力して現在は、歌舞伎界でも芸能界でも知らない人はいないくらい大物になりましたよね!

お母さまの思いは報われたのではないでしょうか。

市川猿之助と香川照之の大学(学歴)がすごい!

市川猿之助と香川照之 家系図

続いて、学歴がすごい二人!

まず、市川猿之助さんの学歴からいきますね。

市川猿之助さんは、超名門校、暁星小学校から暁星中学校、暁星高校に進学したという情報があります。

暁星高校の偏差値は70超え!相当頭が良くないと入れない学校です。

その後、慶應義塾大学文学部国文科卒業しています。

慶應と言えば、偏差値は65!東大や京大に次ぐレベルです。

市川猿之助さんが慶應義塾大学に進学した理由は、

身内に慶應出身者が多く、三田キャンパスが自宅に近いからとインタビューで答えていたことがありますが、学費もすべて自分で払ったそうです。

しかも、慶応義塾大学での成績は、ほとんどの科目で「A」だったとか。

すごいですよね!

その一方、母に「二人(父と不倫相手)以上の大物になりなさい」と言われた香川照之さん。

小学校、中学校、高校は、暁星学園

市川猿之助さんと一緒ですね。

ちなみに、半沢直樹に出演中の北大路欣也さんも暁星出身だそう

その後、大学は、東京大学 文学部社会心理学科卒業します。

母の言葉通り、二人を見返すために、相当勉強を頑張ってこられたんでしょうね。

あの林修さん(予備校講師)とは、東大の同期なんだって




市川猿之助と香川照之の関係は親戚(いとこ)まとめ

市川猿之助、香川照之 親戚画像引用元:Twitter

離婚後、母に育てられ、歌舞伎界とは無縁になった香川照之さん。

両親が離婚後は、一切 父、猿扇さんとの関係は絶たれていましたが、

香川さんが、25歳の時(大学卒業後に俳優デビューしたのを機)に、思い立って初めて猿扇(当時、猿之助)さんの公演に、会いに行きます。

20年以上ぶりに会う息子に対して、父猿扇は

「大事な公演の前にいきなり訪ねてくるなんて役者としての配慮が足りません」

と香川を叱責。

「すなわち、私は家庭と訣別した瞬間から蘇生したのです。だから、今の僕とあなたとは何の関わりもない。あなたは息子ではありません。したがって僕はあなたの父でもない

あなたとは今後、二度と会うことはありません

と冷たく言い放ったそう。

それ以来、確執が続いてはいたけど、それでもその間、香川さんは父の舞台を何度も観覧したようです。

そして、2004年香川さんの長男誕生を機に、藤間紫さん(父、猿扇の不倫相手で妻)の取り計らいにより父子関係が修復。

香川照之 市川猿之助親戚画像引用元:NEWポストセブン

2011年9月には、突然の歌舞伎界への進出を宣言した香川照之さん!

猿扇は、闘病中でもあるに関わらず、息子である香川照之に稽古をつけ、失われた“何か”を取り戻すかのように、歌舞伎に駆り立てられていったそう。

香川照之と市川猿之助の関係は画像引用元:https://www6.nhk.or.jp/

歌舞伎界では、市川猿之助さんが大先輩になりますが、芸能界では、香川照之さんの方が先輩でいとこ同士の二人。

初対面は、二人の祖母である高杉早苗さんの墓参りで、偶然会った時だそう。(大人になってから)

一部では不仲ともいわれているようですが、

市川猿之助さんが「半沢直樹」のキャストに選ばれたのは、香川さんの猛プッシュがあったからと言われています。

なぜそのようなことをしたかというと、市川猿之助さんは、父親に冷遇されていた香川照之さんの歌舞伎への参入を応援し、手を差し伸べた人だからですね。

猿之助さんは「半沢直樹」出演の際は、

香川さんに相談したり、アドバイスや演技の指導を受けていて、とてもいい関係のようですよ。