ニュース

勝武士の持病は糖尿病!コロナ感染経緯も!初っ切り最高な力士の訃報に残念

高田川部屋の高田川親方(53)と十両の白鷹山(25)が新型コロナウイルスに感染したことが、4月25日に発表されましたが、最初に感染した可能性がある三段目の勝武士が、新型コロナウイルスによる多臓器不全のため、5月13日に、東京都内の病院で亡くなりました。

年齢も28歳とかなり若いので、衝撃が走っています。

初っ切りでは、いつも観客を楽しませてくれた力士です。最後に動画もお届けします。

勝武士の感染経路は明らかにされていませんが、感染経緯(経過)を詳しく見ていきましょう。



勝武士(高田川部屋)のコロナ感染経緯は?

協会が発表した勝武士さんの感染経緯(経過)は以下の通りです。

4月4~5日 38度台の発熱。師匠らが保健所に電話をかけ続けたが、つながらず
4月4~6日 近隣の複数の病院に依頼したが、受け付けてもらえず
4月7日 近隣の医院にも相談したが、医療機関は見つからず
4月8日 熱が下がらず血痰が見られたため救急車を呼ぶも、なかなか受け入れ先が決まらず、夜になって都内の大学病院に入院。簡易検査の結果は陰性
4月9日 状態が悪化し、別の大学病院へ転院
4月10日 PCR検査で陽性と判定
4月19日 状態が悪化し、集中治療室で治療を受ける
5月13日 午前12時30分、都内の病院で死去

ご覧の通り、発熱から5日目にやっと受け入れ先の病院が見つかり即入院されたようです。

PCR検査も、入院した8日に受け、4月10日に陽性。

この5日間、恐らく、高田川部屋で過ごされたと思われますが、相撲部屋は、相部屋での生活なので、親方と白鷹山も含め、計7名の感染者が高田川部屋から出てしまいました。

「ひとつ屋根の下での共同生活ですからね。関取は個室が与えられるが、幕下以下の力士は大部屋で寝起きする。換気や寝床の間隔に注意したところで限界がある。上の階には親方の家族も生活しており、玄関などの導線は共用。そのため(親方の)小さい子供たちを、おかみさんの実家に預けている親方も少なくない。どこの部屋も関取用の個室の数は限られており、これまでもインフルエンザやおたふく風邪の力士が出たときに隔離するのも大変だった」(若手親方)

引用:NEWポストセブン




勝武士(高田川部屋)の持病は糖尿病!

持病は。動画、画像、勝武士の持病https://pbs.twimg.comより

4日目の三段目の取組で、珍事が起きていた。西54枚目の勝武士(24=高田川)は土俵下の控えで全身が紅潮して手が震え、取組直前で異例の不戦敗。審判で異変に気づいた峰崎親方(元前頭三杉磯)から「相撲は取れるか」と聞かれると「できれば、このまま帰りたいです…」と訴えた。相手の朱鷺ノ若も「審判の親方から『不戦(勝)だよ』と。ビックリした」。峰崎親方も「初めてだよ」と驚きを隠さなかった。
原因は2年前に患った糖尿病による低血糖障害だった。

引用:日刊スポーツ(2016年)

2014年には糖尿病を患った勝武士。その2年後、取組直前で、全身が紅潮して手に震えが出たようです。

やはり、持病があると、新型コロナウイルスが重症化しやすいようです。



勝武士(高田川部屋)は初っ切り最高な力士の訃報に残念

初っ切りでは、本当に楽しませてくれる力士だった勝武士さん。

相撲に全く興味がなくても、この初っ切りは楽しくて、興味が沸いてきますよね。もう見られないと思うと、本当に残念です。


勝武士さんの、ご冥福をお祈りいたします。