ニュース

善竹富太郎40歳!コロナで死去!持病はあった?アパホテルからツイートも!

またも有名人の新型コロナウイルスによる訃報が入ってきました。

亡くなられたのは、大蔵流狂言師の善竹富太郎さん。

しかも、まだ40歳という若さ。

あまりにも早すぎます。

4月まで普通にTwitterでもツイートをしていた善竹富太郎さんは、持病があったのでしょうか。

調査させていただくと共に、心から、ご冥福をお祈りいたします。



善竹富太郎40歳!コロナで死去!


善竹富太郎さんは、PCR検査で、陽性と判明後、アパホテルにて隔離待機。

ですが、病状が悪化し、東京都渋谷区の病院へ。

4月30日午後7時54分、新型コロナウイルス感染に伴う敗血症のため、

東京都渋谷区の病院で亡くなられました。

敗血症とは感染症によって生命を脅かす臓器障害が現れる状態です。敗血症を発症すると全身の各種臓器に症状を生じ、中枢神経障害(突然精神機能障害や意識障害が起こり、頭が混乱状態になるなどの症状がみられる状態)を引き起こすこともあります。
敗血症を発症すると高い死亡率を示すため、早期の段階で敗血症を診断し、治療介入を行うことが大切です。

引用:Medical Note

善竹富太郎さんの友人の方のツイートにも「元気の塊」と書いてあるので、40歳での訃報は衝撃が大きいですね。

「若いから、自分は大丈夫!」では、ありません!

善竹富太郎さんのように、元気で若い方でも、コロナで命を奪われてしまうことがある、コロナは怖いということを、一人一人の意識の中に、しっかり落とし込む必要がありますね!




善竹富太郎、持病はあった?

詳しい情報は、まだ入ってきていないのですが、画像や動画を見ても、元気で健康に見える善竹富太郎さん。(情報入り次第、追記します)

コロナで亡くなられたのは、本当に信じられないのですが、「持病もしくは、合併症の可能性も」という声もあります。

こちら↓は、2020年1月19日に、善竹富太郎さんご本人のYouTubeチャンネルで挙げられた一番最新の動画です。

肥満体型が少し気になります。肥満がなんらかの関係があるのかもしれませんね。




善竹富太郎、アパホテルからツイートも!

陽性と判明後、善竹富太郎さんは、アパホテルで隔離待機していたのですが、その時のツイートがこちらです↓

志村けんさんの訃報の時にも、ツイートしていますが、まさか、自分がその1か月後に、コロナウイルスで命を奪われるとは…。

アパホテルで隔離待機中も、ツイートしています。



善竹富太郎40歳!コロナで死去!みんなの声

このウイルスの一番怖いところは若いとか高齢者とか、また基礎疾患が有ろうが無かろうが、軽症でも突然変異するのか急に重篤化し死亡する。解明されていない部分が多く、本当に怖いウイルスです。明日は我が身です。ご冥福をお祈りいたします。




大蔵流狂言師の善竹富太郎とは

  • 1979年8月10日生まれ(40歳)
  • 学習院大学卒
  • 祖父故善竹圭五郎、父・善竹十郎に師事
  • 曾祖父の彌五郎は狂言界で初めて人間国宝に

3才より稽古を始め、5才の時に狂言「靭猿」(うつぼざる)の小猿役で初舞台を執り行う。

狂言師の家の者達は公演第一主義で学校を休んで狂言の公演に出演しているというイメージがあります。しかし、東京善竹家としては祖父の故善竹圭五郎、父の善竹十郎の教育方針が学業優先でしたのでお陰様で伸び伸びと学校生活を送る事が出来て、狂言の世界にも抵抗なく入って行くことが出来ました。

善竹富太郎は、能楽堂で演じることが多いのですが、学校狂言と称して全国の小・中・高校で狂言をお見せしたりもします。

その他、幼稚園やそれぞれの地域の人達に狂言ワークショップと称して狂言レクチャーをしたりカルチャースクールの狂言講師、また学習院大学や早稲田大学など各大学で狂言を指導し、昭和音楽大学では講師としてミュージカル学科の生徒達に狂言を教えている

引用:https://goodbamboo.net